ヤマハ CX5-M

An ordinary cassette recorder could be connected to the CX5M but the main feature was the support for the Yamaha synthesizer DX7 and an interface for a big keyboard. The synthesizer module had some good sounds for the keyboard including some rather bizarre ones (train bell, birds). One additional Basic command was added to switch to the music part but despite from that it was the normal, but comfortable MSX-Basic.

リンク:

発売日1984

CPU/クロック周波数:Z80A/3.58 MHz - 8-Bit

ROM:32 KB

RAM:32 (64/28) KB

方式:テレビ/RGB

画面構成 (文字x行):40*24

グラフィック:256*192 16 色 (TMS9918A)

色:16

サウンド:3 重和音 モノ (AY-3-8910)

基本ソフト:MSX-DOS

げんご:Basic, ...

インターフェース:ジョイ・スティック, テレビ, カートリッジ, テープレコーダー, モニタ, Music-Keyboard

記憶容量:カートリッジ, フロッピー (5.25/3.5""/3""), カセット

キー・ボード:タイプライター, 73 キー

大きさ:423*200*60

  • 検索  
  • インデックス
    200コンピューターある:しゃしんとスペック
  • エミュレータ
  • リンク
  • トップ・ページ
  • イーメール・アドレス
  • 後に下がる

(C) 2001年〜2014年 Matthias Jaap. 2014年12月31日更新.