Sinclair ZX Spectrum +3

The +3 was the last incarnation of the original ZX-Spectrum and was manufactured by Amstrad. It looks like a mixture of CPC and Spectrum. The sound-chip is the same as used in the CPC and Atari ST (Yamaha AY-3-8912). The +3 had a built-in 3"-disk drive.

リンク:

発売日1988

CPU/クロック周波数:Z80A/3.5 MHz - 8-Bit

ROM:?

RAM:128 KB

方式:テレビ/RGB

画面構成 (文字x行):32*24

グラフィック:256*192

色:16

サウンド:3 重和音 モノ (AY-3-8910)

基本ソフト:compatibel with Spectrum 48K

記憶容量:フロッピーnlaufwerk (組み込みの, 3""), Microdrive, カセット

定価:___ƣ250

  • 検索  
  • インデックス
    200コンピューターある:しゃしんとスペック
  • エミュレータ
  • リンク
  • トップ・ページ
  • イーメール・アドレス
  • 後に下がる

(C) 2001年〜2014年 Matthias Jaap. 2014年12月31日更新.