Amstrad CPC464+

The CPC+ was designed as a game machine and were the last attempts to

revive the CPC. They all failed because Amstrad came too late and the

computer couldn't compete with the Amiga and ST.

リンク:

発売日1987

CPU/クロック周波数:Z80A/4 MHz - 8-Bit

ROM:-

RAM:64 KB

方式:テレビ/RGB

画面構成 (文字x行):40/80*25

グラフィック:160*200 16 色
320*200 四色
640*200 二色

色:32 aus 4096

サウンド:3 重和音 モノ (AY-3-8910)

基本ソフト:eigenes, CP/M

げんご:Basic, Assembler

記憶容量:カセット(組み込みの), フロッピー (3"")

キー・ボード:タイプライター, 74 キー

  • 検索  
  • インデックス
    200コンピューターある:しゃしんとスペック
  • エミュレータ
  • リンク
  • トップ・ページ
  • イーメール・アドレス
  • 後に下がる

(C) 2001年〜2014年 Matthias Jaap. 2014年12月31日更新.